Why Eating Chicken Isn’t Actually Good For You After All

近年、健康的な食生活の一環として肉類を摂取したいなら、鶏肉が聖杯であり、必須であり、究極の頼みの綱であるということが広く受け入れられています。

ムワツマ氏は、「過去20年以上、先進国ではタンパク質が不足したことはありません」と述べ、このようなレベルのタンパク質消費は不健康であり、不要であると指摘しています。 また、鶏肉を大量に食べるような高タンパク食には、健康上の付加価値はないと指摘しています。

危険なのはこれだけではありません。鶏(およびその他の養殖動物)は、病気になるのを防ぐために抗生物質を大量に投与されます。

Mwatsama氏のアドバイスは、飽和脂肪が少なく、食物繊維が豊富で、抗生物質が使われていない植物性のたんぱく質源を増やすことです。

鶏肉に関しては、環境という小さな問題もあります。

また、鶏肉の環境問題もあります。赤身の肉の生産に比べれば影響は少ないものの、地球への悪影響は避けられません。

ニューヨーク大学の栄養学・公衆衛生学教授であるマリオン・ネスレ氏が強調しているように、「食生活、温室効果ガス、環境悪化、動物の扱い、人間の健康に関するすべての主要な関心事は、植物性のものだけではなく、大部分が植物性のものである食生活によって解決される」のです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です