風疹の予防接種サービス

なぜ風疹の予防接種を受けるのか

風疹(ドイツ麻疹とも呼ばれる)は、発熱と発疹を引き起こすウイルス感染症です。

風疹の予防接種は、あなたを風疹から守る安全で効果的な方法です。

風疹の予防接種を受けることで、他の人々、特に病気であったり若すぎて予防接種を受けることができない人々を守ることにもつながります。

風疹の予防接種を受けることで、他の人を守ることができます。

風疹の予防接種を受けたい人は、医師に相談してください。

風疹の予防接種は以下の人に推奨されています:

  • 12ヵ月と18ヵ月の子ども(国民予防接種プログラム(NIP)で無料)
  • 妊娠可能な年齢のすべての女性(免疫がない場合)
  • 出産したばかりの女性(免疫がない場合)
  • 1966年以降に生まれたすべての人(風疹ワクチンを2回接種していない場合)

20歳未満の人、難民やその他の人道的入国者は年齢に関係なく、NIPの下で無料で風疹ワクチンを受けることができます。 これは、子供の頃にワクチンを受けていない場合です。

風疹の予防接種はどこで受けることができますか?

風疹の予防接種はオーストラリアの各州と地域で受けることができます。

情報は「どこで予防接種を受けることができますか」をご覧ください。

風疹の予防接種はどのように受けるのですか?

風疹のワクチンは混合ワクチンとしてのみ受けることができます。

風疹ワクチンには次のようなものがあります:

  • M-M-R II – PDF 23 KB
  • Priorix – PDF 178 KB
  • Priorix-tetra – PDF 180 KB
  • ProQuad – PDF 29 KB。

医師は、風疹の予防接種に使用するワクチンを教えてくれます。

風疹の予防接種にはお金が必要ですか?

NIPの対象となるワクチンは、対象となる人には無料で提供されます。

適格者は無料でワクチンを受けることができますが、医療機関(例えば医師)から診察料を請求される場合があります。

ワクチンを無料で受けることができない場合は、費用が必要になる場合があります。 費用は、ワクチンの種類、配合、どこで購入するかによって異なります。

風疹の予防接種で起こりうる副作用は何ですか?

すべての薬やワクチンには副作用があります。

ほとんどの人にとって、ワクチンによる重篤な副作用が出る可能性は、病気にかかった場合に重篤な被害を受ける可能性よりもはるかに低いものです。

風疹ワクチンの副作用の可能性について、またはあなたやあなたの子供が心配な副作用の可能性がある場合には、医師に相談してください。

風疹ワクチンの一般的な副作用は以下の通りです。

  • 発熱
  • 軽度の発疹
  • 気分が悪い

「風疹の予防接種はどのように受けるのですか」の消費者医学情報のリンクには、各ワクチンの副作用が記載されています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です