自動車事故後の腰の痛みと怪我に対する1,975,000ドルの和解金

ニューヨーク州のあるケースでは、50歳の男性が車の後部座席に乗って走行していたところ、交差点で突然トラックに衝突されました。 この事故の結果、クライアントは首、腕、背中に痛みを感じました。 その後、腰の椎間板ヘルニアと診断され、理学療法や硬膜外注射などの保存的治療を受けました。 痛みが改善しなかったため、L4-S1の固定手術を受けました。

Case Description
ナビスコのセールスマンである50歳の原告は、リンカーン・ナビゲーターの後部座席に乗っていました。 車がニューヨーク州ブルックリンのグレンモア・アベニューとスネディカー・アベニューの交差点に近づいたとき、被告アシュアード・ムービング&&・ストレージが所有する引越しトラックが、スネディカー・アベニューのストップ・サインを通過して進み、グレンモア・アベニューを走行中の原告の車に衝突しました。 衝撃は、原告の車の助手席側と被告の引越トラックの前部で発生しました。

原告は、被告が一時停止の標識を通過して進行し、原告の車に譲らなかったことで、被告の車の所有と運行に過失があったと主張しました。

被告は、原告の車が過剰な速度で走行していたことが事故の原因であると主張しました

自動車事故専門の弁護士に相談したい方は、212-736-5300に電話するか、お問い合わせフォームにご記入ください。

傷病名
原告は首、腰、左腕の痛みを訴え、救急車でBrookdale病院に運ばれた。 原告は治療を受け、退院しました。 退院後、原告は様々な医師の治療を受けました。 原告はL4-S1レベルの椎間板ヘルニアと診断され、理学療法、硬膜外注射、薬の使用などの保存的治療を受けました。

しかし、原告の状態は改善しませんでした。

しかし、原告の症状は改善しませんでした。その結果、原告はニューヨーク大学医療センターでL4-S1レベルの腰椎固定術を受けました。 手術後、原告は理学療法を受け、外科医とのフォローアップを続けました。 その結果、原告は、過去および将来の痛みと苦しみ、医療費、および逸失利益の回復を求めました。

和解金額
当事者は裁判の前に$1,975,000の和解に合意しました。

弁護士
この事件はパートナーのJeffrey A. BlockとS. Joseph Donahueが担当しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です