中国医学

中国医学とは

中国伝統医学(TCM)は何千年もの歴史があり、数世紀にわたってほとんど変化していません。 その基本的な考え方は、「気」と呼ばれる生命の力が体の中を駆け巡るというものです。 この「気」のバランスが崩れると、病気になります。 このバランスの崩れは、気を構成する相反する力の変化によって起こると考えられています。 これらは陰と陽と呼ばれています。

古代中国では、人間は周囲の大きな宇宙の小宇宙であり、自然と相互につながっていて、その力の影響を受けると考えられていました。 健康と病気のバランスが重要な概念です。 中医学の治療は、このバランスを回復することを目的とし、個人に合った治療を行います。

バランスを回復するためには、体の内部の器官と外部の要素である地、火、水、木、金属のバランスをとる必要があると考えられています。

バランスを取り戻すための治療には以下のようなものがあります。

  • Acupuncture

  • Moxibustion (the burning of herbal leaves on or near the body)

  • Cupping (the use of warmed glass jars to create suction on certain points of the body)

  • Massage

  • Herbal remedies

  • Movement and concentration exercises (such as tai chi)

Acupuncture is a component of TCM commonly found in Western medicine and has received the most study of all the alternative therapies. Some herbal treatments used in TCM can act as medicines and be very effective but may also have serious side effects. In 2004, for example, the FDA banned the sale of dietary supplements containing ephedra and plants containing ephedra group alkaloids due to complications, such as heart attack and stroke. Ephedra is a Chinese herb used in dietary supplements for weight loss and performance enhancement. ただし、長期服用ではなく短期使用のみを目的とした、中医学のガイドラインに基づいて作られた特定のハーブ製品には適用されません。

中医学を利用しようと考えている方は、認定を受けた施術者を選ぶのが最も安全な選択です。 米国連邦政府が認めた鍼灸・東洋医学認定委員会(ACAOM)は、鍼灸やTCMを教える学校を認定しています。 鍼灸を認可している多くの州では、ACAOM認定校の卒業を義務付けています。

中医学は、特に重篤な症状の場合には、従来の治療法やアロパシー治療に取って代わるものではありませんが、補完的な治療法としては有益な場合があります。 中医学の漢方薬の中には、西洋薬と併用すると干渉したり、毒性を持つものがあるので、中医学を使用している場合は、医師にその旨を伝える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です