アルフレッド・ノーベル

アルフレッド・ノーベル

アルフレッド・ノーベル
生涯 1833 – 1896.

アルフレッド・ノーベルは、科学、文学、平和の分野で毎年自分の名前を冠した賞を受賞したことで有名です。

彼は貧乏に生まれましたが、彼の家族は創造的で起業家精神に富み、懸命に働いて成功を収めました。 アルフレッドは科学者であり、ダイナマイト、雷管、ゲルグナイト、バリスタイトなどを発明・製造した。

遺言では、財産の90%以上をノーベル賞のために寄付しています。

Advertisements

Beginnings

アルフレッド・ベルンハルト・ノーベルは、1833年10月21日にスウェーデンの首都ストックホルムで生まれました。

父は、14歳まで学校に通っていた自営業のエンジニア、発明家、起業家であるイマニュエル・ノーベル、母は会計士の娘であるアンドリエッテ・アールセルです。

当初、ノーベルの事業は順調だったが、アルフレッドが生まれたときには父親は破産していた。

4番目に生まれたアルフレッドは、生まれて数日しか生きられませんでした。

4番目に生まれたアルフレッドは、生まれて数日しか生きられませんでしたが、人生の大半を病気で過ごしました。

アルフレッドが4歳のとき、父はビジネスチャンスを求めてスウェーデンからフィンランドに渡りましたが、家にお金を送るまでには長い時間がかかりました。

アルフレッドは7歳で学校に通い始めましたが、それは「ヤコブ教区弁論官学校」という貧しい子どもたちのための学校でした。

アルフレッドは学校での勉強がよくできたので、不在だった父親は誇りに思っていました。

ロシア

アルフレッドの父、イマニュエルも、ロシア軍の武器を製造する会社を設立し、順調に業績を伸ばしていました。 裕福になった彼は、1842年の秋、家族をロシアに呼び寄せました。 アルフレッドが9歳のとき、ロシアの首都サンクトペテルブルクに向けて出航した。

ノーベル家の子どもたちは、学校に行かずに家庭教師に教えてもらっていた。 イマニュエルは、プロテスタントの労働倫理を強く主張していた。 イマニュエルは、プロテスタントの労働倫理を強く提唱し、努力と献身によって将来の繁栄を自分で切り開くことができると子供たちに教えた。 彼らは家庭教師をつけられ、毎日長時間の労働を命じられた。

これを圧迫と感じる子供もいたでしょうが、アルフレッドは繁栄しました。 アルフレッドは学ぶことが好きで、英語、フランス語、ドイツ語を流暢に話すことができました。

一方、インマヌエルのビジネスは急速に成長し、彼は幅広い種類の武器を作っていました。

ヨーロッパとアメリカのツアー

アルフレッドは16歳頃、作家になることを考えていました。

Alfred Nobel at about age 16.

アルフレッド・ノーベル 16歳頃

英語をマスターした彼は、シェイクスピアの戯曲の大ファンになり、パーシー・シェリーの影響を受けて詩を書き始めていました。 アルフレッドの父は、優れた文学の重要性を理解していましたが、息子がそのような道を歩むことを望んでいませんでした。

父はアルフレッドに、文学への憧れを捨てて、家業である工業と兵器の事業に専念するなら、ヨーロッパやアメリカを旅行する機会を与えると言ったのです。

アルフレッドはそれに同意しました。

アルフレッドはこれを承諾した。旅の間、彼はビジネス上の関心事である研究所や工場に滞在し、パリやニューヨークにも長く滞在した。

健康、ニトログリセリン、財政難

ロシアに戻ってからも、アルフレッドは懸命に働いていましたが、定期的に体調を崩していました。

彼が25歳のときには、家業は大変なことになっていました。 1856年のクリミア戦争敗戦後、ロシア政府は支払いを停止していたのです。

クリミア戦争中、イマニュエルはニトログリセリンという火薬よりもはるかに強力な新しい爆薬を使った武器を考案しようとしたが、この物質は確実に起爆させることが難しいことがわかった。

パリでニトログリセリンを初めて製造した化学者アスカニオ・ソブレロからニトログリセリンについて多くを学んだアルフレッドは、数年後に再び実験を行うことになる。

ノベルズは、ロシア政府からのビジネスの損失を補うだけの他の仕事を生み出すことができなかった。

ノベルズ夫妻は、ロシア政府からのビジネスの損失を補うだけの他の仕事を得ることができず、ビジネスのほとんどを清算し、残ったビジネスはアルフレッドの兄の一人であるルドヴィクに託し、彼は大成功を収めた。

アルフレッドの両親は、わずかなお金を持ってスウェーデンに帰国した。 アルフレッドと弟のロバートはロシアに残り、サンクトペテルブルクのアパートで共同生活をしていた。 アルフレッドは、台所に実験室を設け、発明品の製作を始めた。

1862年、29歳のとき、ニトログリセリンを火薬に混ぜると確実に起爆できることを発見した。

アルフレッド・ノーベルの業績

ノーベルは非常に革新的な頭脳の持ち主で、新しいアイデアが次々と生まれました。

Alfred Nobel 「1年に300のアイデアを思いつき、そのうち1つだけが役に立てば、私は満足だ」

Alfred Nobel

彼の天才的な才能を支えたのは、成功への固い決意と、膨大な努力の能力でした。

ニトログリセリン

1863年初頭、ノーベルはロシアから故郷のストックホルムに戻ってきました。 ノーベルはすぐに、父が郊外のヘレネボーグに取った小さな工業用地にある実験室で実験を始めた。 決して体力があったわけではありませんが、1日18時間も働き、何百もの実験を自ら行っていました。

少量の火薬でニトログリセリンを起爆させる方法を習得したノーベルは、1863年末からニトログリセリンの製造を開始し、1864年夏には本格的な生産を開始しました。

しかし、1864年9月に災難が起こります。 ノーベルの弟エミールは、ヘレネボルグの小屋にある実験室で、岩盤にトンネルを掘る鉄道会社からニトログリセリンの注文を受け、学生と一緒に作業をしていた。 小屋の事故で大爆発が起こり、2人は即死した。

ノーベルはこの事故に動揺しながらも、ニトログリセリンの製造を続けた。

ニトログリセリンの成功を受けて、ノーベルは外国人が特許権を持っていることを証明するのが難しいとされている外国の特許庁と数年間格闘した。

雷管式起爆装置

1864年、ノーベルは雷管式起爆装置の特許を取得した。

雷管は少量の爆薬で、これを爆発させると、主爆薬に圧力波が伝わり、すべての爆薬が瞬時に爆発します。

ノーベルが発明した雷管のバリエーションは、現在でも爆薬を起爆させるための好ましい方法です。 実際、ノーベルが発明した雷管は、50年以上もそのまま使用されています。

ダイナマイト

1863年11月、ノーベルはニトログリセリンと石炭などの多孔質物質を混ぜ合わせ、非常に強力で安定した爆薬を作り、確実に起爆させました。

1864年1月、彼はこの混合物の特許をスウェーデンに申請した。 その後、彼は何もしなかった。

ニトログリセリンの事故が頻発するのを見て、ノーベルはニトログリセリンと多孔質物質の実験に戻った。

ニトログリセリンの事故が多発する中、ノーベルはニトログリセリンと多孔質物質の実験に戻り、その結果、ダイナマイトを生み出した。

Alfred Nobel 「ダイナマイトと呼ばれる私の新しい爆発物は、単にニトログリセリンと非常に多孔性のケイ酸塩を組み合わせたものである。”

Alfred Nobel
1866

Nobel chose the word dynamite from the Greek word dynamis, which means power. He believed it would be used mainly for peaceful purposes, because:

Alfred Nobel“My dynamite will sooner lead to peace than a thousand world conventions. As soon as men find that in one instant whole armies can be utterly destroyed, they surely will abide by golden peace.”

Alfred Nobel
c. 1868

Dynamite was safer to handle than nitroglycerin, but not as powerful an explosive.

Gelignite

In 1866, Nobel tried to produce an explosive gel for the first time. He was finally successful in 1875, inventing gelignite, made of gelatinized glycerol and nitrocellulose.

ゼリグナイトはダイナマイトよりも強力で、水中でも使用できるため汎用性が高く、ダイナマイトからニトログリセリンがにじみ出て危険な状態になることがある発汗現象が起きないという点で優れていました。 ノーベル社にとっては、これも商業的に大成功だったが、成功は一夜にして成らず。

毬栗石

ノーベルはパリに住んでいたときに毬栗石を発明しました。 弾丸や砲弾などに使用する無煙の推進剤として、1887年に英国で、1891年に米国で特許を取得しました。

フランス軍はこの製品に興味を示さなかったが、ノーベルはイタリア軍にライセンスを与えることに成功した。

フランス軍はこの製品に興味を示さなかったが、ノーベルはイタリア軍にライセンスを供与した。

1891年、ノーベルはフランスを離れ、イタリアに移住した。

ノーベル賞

大人になってからも、ノーベルは内なる葛藤を抱えていた。 彼は、自分が誠実で勤勉な科学者、発明家、実業家であることを理解していました。

しかし、武器で莫大なお金を稼いだために、多くの人から悪者扱いされていることも知っていました。 実際、1888年に弟のルドヴィクが亡くなった直後、アルフレッドは新聞の死亡記事を見ました。 そこで彼は、自分の死亡記事が誤って掲載されていることを発見した。 彼はこう読んだ。 “死の商人は死んだ”

これでは、安心して読めませんよね。

未来のクリスマスの亡霊に連れられて、自分の葬式で誰も悲しんでいないことを確認するスクルージの姿が思い起こされます。

可能性のある未来を垣間見たノーベルは、スクルージのように、より良い世界を形成するために自分のお金を使うことを決意しました。

ノーベルは莫大な財産の94%を遺して、以下の5つの年間賞を設けました。

  • 化学賞
  • 物理学賞
  • 医学・生理学賞
  • 文学賞
  • 国際的な友愛、常備軍の制圧・削減、平和会議の設立・推進に最も貢献した個人・団体

最初のノーベル賞は1901年に授与されました。

そしてもちろん、ノーベルの爆発物は、水力発電のダムや交通網の整備など、平和的な目的のために頻繁に使用されていたことも忘れてはなりません。

Dynamite

A stick of dynamite placed in a drillhole to
blast bedrock

Dynamite Panama

Rock blasted to clear a path for the
Panama Canal

Dynamite Rushmore

Dynamite was used in the creation of
Mount Rushmore’s sculptures

Dyanamite Dam

Dynamite plays a big part in clearing rock
for dam building

Some Personal Details and the End

By the early 1870s, Nobel was wealthy and spending most of his life on trains traveling around Europe to his factories and business meetings.

In 1873, age 40, he moved from Stockholm to Paris.

1873年、40歳になったノーベルは、ストックホルムからパリに移り住みました。 また、パリはより文化的に洗練された都市でもありました。 また、パリはより文化的に洗練された都市であり、彼はパリの最も良い地域の一つに大きくて一流の家を買うことができた。 言葉の問題もなく、ノーベルはフランス語を流暢に話した。

ノーベルのパリの自宅は、ビジネスマンや金融関係者を招いて議論する、いわばビジネスの本部のようなものであった。

パリの自宅には充実した私設図書館があり、乗馬を楽しむサラブレッドの馬のための厩舎もありました。

ある日、彼は召使の一人に、結婚を控えた彼女に何か贈り物をしたいと尋ねた。 賢い若い女性は、「主人の一日の稼ぎと同じくらい」と答えました。 ノーベルは彼女の聡明な答えに感心し、彼女が求めたものを与えた。

若い頃、サンクトペテルブルクでアレクサンドラという女性に結婚を申し込んだが、断られた。

1876年、パリでオーストリア人のベルタ・キンスキー伯爵夫人を個人秘書として雇った。

1876年、パリでオーストリアの伯爵夫人ベルタ・キンスキーを個人秘書として雇い、すぐに彼女と恋に落ちた。

1876年、彼はパリでオーストリア人の伯爵夫人ベルタ・キンスキーを個人秘書として雇います。 彼女は結婚のためにパリを離れたが、ノーベルとは生涯にわたって手紙で連絡を取り合ったという。 ノーベルは、彼女の平和主義をはじめとする高い理想に感銘を受け、ノーベル平和賞の発想の源になったのではないかと言われている。

1876年、43歳になったノーベルは、伯爵夫人との破局の反動か、20歳のオーストリア人店員ソフィー・ヘスと交際を始めた。 伯爵夫人との交際の反動か、43歳のノーベルは、20歳のオーストリア人店員ソフィー・ヘスと交際を始めた。 また、彼女は学歴を上げることに全く興味がなく、その趣味も生意気だと感じていた。 彼女はオーストリアに住んでいて、彼はパリから彼女に会いに行っていた。 パリの知人に彼女を紹介することもなかった。 1891年、ソフィーは他の男の子供を産んだ。

ノーベルは、1891年、57歳のとき、イタリアにバリスタイトを売ったことで魔女狩りに遭い、パリを離れた。

ノーベルは1891年、57歳でパリを離れ、イタリアの海岸沿いの小さなリゾート地サンレモに居を構えます。

晩年のノーベルは心臓病を患い、皮肉にもニトログリセリンの少量投与で治療していました。

アルフレッド・ノーベルは1896年12月10日、脳卒中のためサンレモで63歳の生涯を閉じました。

彼の財産のほとんどは、ノーベル賞のために使われました。

彼の財産はほとんどがノーベル賞のために使われましたが、彼は相続を認めませんでした。

一度は「自分の体を酸で溶かして植物の肥料にする」と言っていましたが、最終的には火葬にしました。

Advertisements

このページの著者。 The Doc
画像は当サイトでデジタル処理し、カラー化したものです。 © All rights reserved.

Cite this Page

Please use the following MLA compliant citation:

"Alfred Nobel." Famous Scientists. famousscientists.org. 9 Oct. 2016. Web. <www.famousscientists.org/alfred-nobel/>.

Published by FamousScientists.org

Further Reading
Kenne Fant, translated by Marianne Ruuth
Alfred Nobel: A Biography
Arcade Publishing, New York, 1993

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です